2009年08月11日

小泉政権の遺産



小泉政権の残したもの。それは、いい意味でも悪い意味でも自民党を壊したことでしょう。今回の総選挙自民党の敗北でしょう。小泉さんの政治手腕の巧みさは、都市部の浮動票を惹きつける魅力にありました。その一環としてマスメディアを旨く活用した点にあります。それまでの自民党は、組織票を中心にして選挙を戦ってきました。そのあり方と異なりメディア中心の選挙を推し進めたのが小泉さんでした。浮動票を惹きつける天才的な勘がありました。しかし、それ以後の政権にはそれがありません。時代が変われば、国民の意識も変わる。政治家はそれを嗅覚として嗅ぎ取らないと生きていけない。あの時代、小泉構造改革は間違ってはいなかった。しかし、それ以後変革が必要となったのです。大胆な改革が求められているのです。それが、提示できないからこそ自民党の支持率があがらないのです。国民が何を見どう考えているのか、国民目線にたってもう一度考え直す必要があるのです。
posted by かおる at 20:50| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

わくわくする美味しいシャンパンとは



フランス*シャンパ-ニュ地方で生産されるスパーリングワインをシャンパンといいます。シャンパンに使用される葡萄の品種にはシャルドネ*ピノノワ-ル*ピノムニエに限定されます。シャルドネのみで生産されるワインをブランドブランといいます。ブランドノワールと言えばピノノワールのみで生産されたシャンパンを指します。シャルドネ中心だと味は繊細になりピノノワール中心だと力強い味わいとなります。繊細な料理にはシャルドネ中心のシャンパンをあわせ力強い料理には力強いピノノワール中心のシャンパン合わせるといいマリアージュがえられます。和食ならブランドブランがいいかと思います。デリケートで繊細なシャンパンならアヤラ*ランソン*サロンあたり。男性的で力強いものが好みならボランジェ*特にヴィエイュヴィ−ニュがお勧め。至福な時間が得られます。野生味のある荒々しい料理に合わせると、人生最高の時間が過ぎて行きます。それは、誰にも止められない永遠の時間です。その感動は、永遠にあなただけのものです。
posted by かおる at 21:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今最高にうまいフレンチレストランとは

PAP_0264.JPGPAP_0263.JPGPAP_0263.JPG今最高に美味いフレンチレストランは文句なく肥後橋にあるトールモンドです。これは、最高に旨い。天下無敵です。80年代ビストロ*バンサンク90年代ラ*べキャスが最高であったように2000年代は、トールモンドの時代です。シェフ高山氏の作る料理は極めて個性的でオリジナリティに溢れています。彼は天才です。10年に一度現れるかどうかの逸材これは、まさに神がくれた最高の贈り物です。例えば、皮つきトリフ挟んだたまねぎを丸ごと焼きなんとキャラメールソースに合わせる。皮まで旨いと感じさせるテクニックこんな事かつてなかった事です。最近では,冬瓜とマスクメロンを合わせた料理です。冬瓜をフランス料理に取り入れる事自体ユニークですしそれをマスクメロンに合わせる事自体普通では考えられない発想です。これがその写真です。毎回わくわく期待しながら店を訪れますPAP_0013-1.JPG
posted by かおる at 22:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。