2009年08月14日

管僚政治の終焉

今回の総選挙 自民党の敗北に終わるでしょう。それは、官僚型政治の終焉を意味するかもしれない。事なかれ主義昔の慣例中心 国益より省益優先の縦割り行政は現実もう限界です。問題は、きたるべき民主党を中心とした連立政権が霞が関改革にどの程度踏み込めるかにその命運がかかっているといっても過言ではない。今までのやり方では、現実問題に対処できない。将来を見据えた新しい創造的な劇的な発想の転換が要求される。脱官僚の政策立案能力が議員に求められる。あるべき国家のあり方が提示できるかどうかに国民の支持が左右されよう。官僚的政治に戻るのか。脱官僚の新しい政治のあり方を示せるのか。国民目線にたった国民中心の官僚改革が出来るのか。あらゆる意味ですべての見直しが必要です。過去のしがらみはすべて決別し初心にもどってあらゆる問題を見直す。そして無駄な税金は一銭たりとて使わない。あらゆる事業を0べースで見直す。国家にとって必要な事業以外はいらない。何が必要な事業なのか官僚の視点ではなく国民の視点から問い直す。地方に任せる問題は地方に任せ民間に任せる問題は民間に任せる。思い切った行政改革が必要です。無能な官僚はいらない。市場から即座に退場すべきです。国民にとって必要な管僚以外いらない。天下り先なんて全廃すべきです。国民の血税がそのことに使われること自体国の借金増やす要因ではないでしょうか。たった一回の試験の合否で一生決まってしまうこと自体おかしい。有能な人材も時がたてば無能になりうる。常に国民の監視が必要です。裁判官のように国民審査制度が必要です。そして無用な官僚は、すべてやめて戴く。能力のある官僚だけ残り政治家の立案に協力していく。官僚も政治家も政治に責任をもつ。そのためには、どのような過程でどのように法案に関わったか、国民に明らかにすべきです。そして国民の審判をあおぐべきです。
posted by かおる at 23:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

優しいときを追いかけて

優しいときをおいかけて 過ぎ行く時間よ 消え行く夢を消さないで ときめく想いときめく時間 あなたが感じた優しい想い それを感じさせる 今の時代だからこそ 大事にしたい  
posted by かおる at 19:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

御堂筋でみつけた珍しいおかきやさん

PAP_0115.JPGPAP_0115.JPGPAP_0117.JPGPAP_0118.JPGPAP_0115.JPGPAP_0115.JPGPAP_0116.JPGPAP_0118.JPG
PAP_0115.JPG
PAP_0118.JPG

本町筋近くで見つけたおかきやさん。御堂筋にめんしているフリースぺースのお店播磨屋ステイションは、フリーカフェなんです。フリードリンク フリーおかきなんです。ただでおかきが食べられ、ただでドリンクが飲める。しかもなかなか美味しい。くせがなくさっぱり食べられる。しかもひろびろとした空間でなかなか居心地がいいのです。全面ガラス張りでやわらかな日差しが御堂筋からあふれます。ゆったりした時間が過ぎて行きます。秋には銀座本店がオ−プンするそうて゛す。大阪市中央区淡路町3-6-3
posted by かおる at 15:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。