2009年08月15日

8月15日の意義

8月15日の意義とは何か。あの戦争は何であったか。それはあの戦争に大儀があるにしろ無いにしろ戦争そのものが問題だった。戦争のない世界の実現こそが大事でそのことを意味している。その反省にたってそのために憲法が定められたと言っても過言ではない。憲法の要求する平和主義の実現こそが世界平和の道。それは、軍事力による問題解決ではなく外交を中心とした対話路線によって問題解決をはかる。それのみが真の平和へいたる道。軍事力による問題解決はなんの問題解決にならない。世界貢献のありかたとして、無駄な軍事費に投資するよりも海外で活躍するNPO法人に投資すべきだ。そういった草の根運動こそが日本の平和日本外交の支える力となる。そのことを政治家や官僚に感じてほしい。あしたの未来はそれによってのみ開かれる。
posted by かおる at 23:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マダム*ルロワの想い出

PAP_0193.JPGPAP_0192.JPGPAP_0192.JPGPAP_0194.JPG

ブルゴーニュを代表する最高の造り手マダム*ルロワには今までさんざんいい想いをさせて戴きました。あなたの作った49*59*69のシャンぺルタンやミュウジ二ーに何回人生に救われたことか。生きる勇気や感動をもらったことか数えくれない程です。しっかりしたテロワールの反映。なんと逞しい野生味のある男性的なシャぺルタンに対比して繊細で女性的なミュウジ二ー。このようにテロワールを鮮明に造り分けられる作り手はそういません。このまえも83年シャルム*シャンぺルタンを飲みましたが、素晴らしい出来です。83年は、腐敗病の発生した年で作り手にとっては難しい年でした。それとタンニンの強い年でなかなか果実味や酸のバランスのとれた生産者のいない年なんです。しかしルロワはちがいました。シャンぺルタンほどの力強さはないけれども柔らかい力強さ*シャルムらしさがでていました。3年ぶりに飲みましたがまだピークの状態です。保管さえ良好なら10年は十分持つ。バラの香りに土の香りにさくらんぼの香り*シガー*動物臭*熟成香も十分にあり滑らかな喉越し。ながいながい永遠に続くかと思える余韻。凝縮した果実味に程よい酸味に柔らかいタンニン。ルロワあなたは、いつも私の期待を裏切らない。永遠に続く時間優しいときを有り難う。
posted by かおる at 19:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。