2009年08月29日

ルロワ78年ボ―ヌ*レ*シジ-と旨いフレンチ

PAP_0562.JPGPAP_0560.JPGPAP_0556.JPG

78年のルロワ*ボ―ヌ*レ*シジを飲んだ。完全かつ完璧 バッセンした時から完全な熟成香*ジャミ-*腐葉土*すみれの花の香り*バニラ*すもも*トリフ*黒胡椒*モッカ*なめし皮*甘草など複雑な香り のど越しはなめらか まるで キャンディをなめているようだ。凝縮した果実味に軟らかい酸味とこなれたタンニン 余韻も長い。これから10年まだ10年は衰えないだろう。見事な逸品 こんな気品のある赤ワインには野生味のある料理は無粋。繊細で家庭的な料理がワインを引き立たせる。その意味で今回選択したラ*ベル*ヴィは大正解。実に家庭的で洗練された繊細で胃に優しい料理を作る。アミゥズ*前菜*魚料理*肉料理*デザ―ト*飲み物がついて5250円は安い。前菜で食べたさんま うまかったな。ポアレしたさんまにくるみをアクセントにしたファグラのム―スを挟んで食べるのだが庶民的なさんまとファグラがこんなにいい相性を見せるのか。驚いた。つけあわせのおじゃがのギャレットも味を壊さない。いいマリア―ジュ 鹿児島産の真鯛のソテ-は繊細な肉質をうまくひきだし現代的に軽く作られたヴ-ルヴランソ-スといい相性みせ真鯛の下にひかれた絶妙な甘すぎないラタト-ユ 人生最高のいってもいい。この絶妙な旨みがワインともあう スイスイ食べすいすい飲める。メインの三重県産のさしのはいった豚ばらのソテ-も上品な味わいで繊細なワインの味を壊さない。ルロワも気に入った。ふとそうおもった。今夜もいい夢がみれそうだ。PAP_0568.JPG続きを読む
posted by かおる at 17:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。