2009年10月12日

ワインからみたフレンチの世界。



ワインという視点から、フレンチをみるということは、主役は、ワインで、助役がフレンチとなるのだろうか。だとすると、ワインに、合わせて、フレンチ考えるということに、なるのだろうか。だとすると、ワインは、自由選択で、それにあわせた料理となるのか。それとも、主役は、あくまで料理で、ワインという角度から、いい組み合わせを考えるのか、によって、考えが異なる。前者なら、ワインのことは、考えなくていい。問題は、後者の場合である。主役は、あくまで、料理だから、当然ワインに限定がかかるのは、当然である。料理を生かすワインが何か、要求される。シェフがつくる料理といいワインの選択が必要だ。産地地消という視点から、フランスワインがいい。一番無難な選択は、シャンパンだ。あまり、濃厚でないスタイルなら、コ−スとうして飲める。ランソン*ヴ-ヴクリコあたりなら、安心して任せられる。クルュグ*ボランジェなどは、濃厚なスタイルなので、無理がある。あるいは、シェフが薫陶をうけた、フレンチレストランの出身地から、考えるのが無難。ブルゴ−ニュ地方出身なら、ブルゴ-二ュワインのなかから、料理似合うワイン考えるのが、失敗しない。冒険するなら、別産地となるが、まず、徹底的に、料理を分析する必要があり、時間と努力が必要だ。新しい発見があるかも、しれないが、多大なる徒労に終わる可能性もある。効率という視点からすると、前者のほうが、失敗しない。色々考える事が好きな人は、考えたらいい。ワインと料理のいいマリア−ジュは、無限にあるのだから。それだけ、人生は、楽しめる。
posted by かおる at 18:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おいしいワインとフレンチ



産地地消という考えた方があり、私も、この考え方に、、同意するものです。フランス料理食べるなら、フランスワインです。イタ飯で、フランスワインとの、マリア−ジュ考え実行したことがありますが、やはり、違和感があり、いいマリア−ジュ得られたことがありません。それぞれが、うまくても、何か、違和感が、あります。イタ飯には、イタリアワインが、王道の組み合わせでしょう。ただいつも、頭をよぎるのは、料理の味を壊さない黄金のマリア−ジュ考えるのは、難しいパズルをとくようなものです。答えは、無限にあるからです。いいと、おもっても、もっと、いい組み合わせないか、常に考えます。はじめて、訪問した店では、必ず、昼のコ−ス料理食べ、コスパの高い店のみ、デイナ−に、原則として、訪問すると書いたが、ワインに関しては、どちらかの時点で、グラスワインのみ、注文します。それだけで、店のワインに対する姿勢が、すべてわかります。ワインの管理から品質まで。料理に対する配慮まで。ワインリストがあるのなら、隅から隅まで読みます。何年もののワインがどんな値段で売られているか。みるのは、ただですから。しかし、注文するのは、グラスのみ。それで、どの程度のワインを、コスパ高く提供しているかどうか、すべて把握します。私の場合、料理に魅力感じたら、ワインの管理が良く信頼できるお店なら、自分のワイン持ち込む事考えます。だめなら、その店と無縁になる可能性もあります。料理とワインのマリア−ジュ自分なりに考えます。ただ、お店のボトルに、魅力感じたら、注文することもありますが、あくまでも、例外です。
posted by かおる at 13:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。