2009年10月14日

ポギュ−ズスタイルについて一考察

DSCN0063.JPGDSCN0054.JPGDSCN0065.JPG

久しぶりに、ポギュ−ズスタイルの料理を戴いた。大坂ロイヤルホテルでの夜会が、あって以来のことだ。あの時は、59年のシャト-オ-ブリオンに対して、ポギュ−ズ氏の繰り出すスペシャリティに感動したものだつた。東京大丸で、ふとレストラン街の案内みると、ブラスリ-としてだが、ポギュ−ズの支店があるではないか。あのときを、懐かしく想いだし、ブラスリ-を訪問した。結論からいうと、進化と停滞を感じた。進化は、あの当時よりも、軽い仕上がりの料理になっていることだ。スペシャリテ*クレ−ムブリュレにしろ、とても軽い仕上がりになっていることだ。これは、現代人の口にあう。懐かしさよりも、新しさを感じた。しかし、同時に停滞も感じた。停滞とは、ブラスリ-だから、限界があるにしろ、新しい時代の息吹を感じさせて、欲しかったところ。それが、残念だ。サ−ビスは、平均なみ。雰囲気は明るい店内で、眺望もいい。くつろげる空間だ。DSCN0050.JPGDSCN0051.JPGDSCN0049.JPGDSCN0060.JPGDSCN0052.JPGDSCN0055.JPG
posted by かおる at 14:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。