2009年12月09日

ルロワ*1949年 ミュウジニ-



この間、ト−ルモンドでルロワ1949年のミュジニ-を飲んだ。このへんのいきさつを知りたい人は、食べログ*kaoru7の記事を読んで下さい。今回は、ミュウジニ−を中心にして感じたままを書いてみたい。シャンポ−ル*ミウュジニ-村には、偉大な特級畑が2つある。ミュウジニ-とボンヌマ−ルである。両者は、共通するするところもあるが相反する要素ももつ。その差異は、前者は、香水のごとき香り高さを持つが、後者はそれほどでもない。前者が女性的スタイルなら、後者は男性的スタイルで統一されている。とりわけ、テロワ−ルの反映の意味をよく理解している生産者は、そのことを意識して作り分ける。ミュウジニ−のスタイルそれは、香り高く、優雅で女性美にあふれる。内に秘めた力強さをもつ。ボルド−なら、シャト−マルゴ−的存在と言える。最近、この村にもいろいろ、有能な生産者あらわれたが、伝統と格式から言えば、ルロワとヴォギェが2代巨頭である。両者は、ライバル関係にあり過去においても将来においてでもある。どちらかがなくなるまで、この関係はおわらないだろう。この関係は、クラシックでいえば、カラヤンとバ−ンスタインの関係に似ている。静のカラヤンと動のバ−ンスタイン。優美で女性的なスタイルを好むカラヤンに対して、野生的で男性的なスタイルのバ−ンスタイン。ド*ヴォギエがカラヤンスタイルなら、ルロワがバ−ンスタインスタイル。ミウュジ二-においても同様の意味だ。より女性的で優美なスタイルのド*ヴォギエとより自己主張の強いルロワ。90年代以降は、特に顕著に現れている。40年代の偉大な年は、45*47*49だが状態がよければ、45年が頭一つ出ている。47*49年は同格。49年のルロワのミュジ二-は、いい状態だつた。抜栓してすぐ薫り高く部屋いっぱいに、熟成香中心に複雑な香りがひろがった。香りの香水だった。トリュフ*土*森の香りなどの複雑かつ複合的な香りが漂った。官能的で妖艶な香りの存在感。舌触りは、まるでビロ−ド 控えめな果実味に柔らかい酸味 丸くなつたタンニンは、それらにとけこんでいた。フルボディ。一分超える長い余韻。控えめな内に秘めたしなやかさで優雅な力強さ。美しきビィ−ナス像の造型美。キャンディをなめているような感じだった。見事なフイッネス 優美な時間 神があたえた奇跡のひととき。軌跡保管状態さえ、よければまだ5年から10年はもつ。今年、最高の感動をもらったひとつ。
posted by かおる at 12:19| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。