2009年10月08日

いよいよ官僚との戦いが始まる。

鳩山政権が本格始動する。課題山積である。どうさばいていくか。お手並み拝見である。官僚も総理のでかたを、見ている状況だ。小泉氏が壊せなかった最後の聖域*官僚の特権を、どこまで壊せるか。政治手腕がとわれる。天下りをどの程度崩せるのか。キャリア制度を、どの程度改革できるのか。総理の提示する政策に、官僚が協力し、実現できるか。政治力が、問われる。国民のための政治なら、だからこそ、期待しつつ国民は監視している。私もそのひとりだ。年内に、ひとつでも、何かインパクトの強い成果がだせれば、政権は、ひとつの山を超えるだろう。さもないと、国民は政権を見放すかもしれない。解散は、ないにしろ、総辞職の可能性はある。
posted by かおる at 18:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。