2009年11月09日

居心地のいいレストランをみつけよう



誰にも愛されるレストランなんてありえない。10人いれば、10人の要望があり、それに、あわせること自体無理がある。だからこそ、自分たちが主体となって、居心地のいいレストランを探そう。星の数ほどレストランは、あるのだから。居心地の良さとはなにか。それは、快適な空間*時間を提供してくれることに尽きる。そのために、惜しみない努力をしてくれるレストランこそ、客にとっての最高のレストランである。主役は、あくまでも客そのものであるから、受け身にならず、主体的に、快適的な時間*空間づくりに参加しよう。コミニケ-ションはかることで、愉快な時間すごせる。過ごせないのなら、別の店を考えれば良いことである。レストランと客の関係は、恋愛関係とおなじである。その関係が成り立つまで、いろいろつきあってみたらいい。それもまた、楽しいことではないか。自分の本命がみつかるまで、色々考えたら良い。それも人生の楽しみのひとつではないか。人生の旅は、まだ、終わらない。始まったばかりだ。
posted by かおる at 17:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。