2009年11月10日

格差社会を生き抜くために。



格差社会という言葉が生まれてもう何年になるのだろう。この問題は、きわめて複雑で、どのような対策をたてても、問題解決にならないだろう。結局、人は生まれてから死ぬまで、この格差社会のなかで、生きていかねばならない。人は、生まれた以上生きていかなければならない。そのための努力を惜しんではならない。つらいことも、前向きにとらえて、知恵をしぼって考えて、行動しよう。今は、つらくとも、明日のこない今日は、ないのだから。明日に、希望をもって生きていこう。悲観的になることはない。誰にも、光は感じられるのだから。夢は、必ず、かなう。それを信じて生きていこう。たとえ、今 絶望の淵にあるとしても。
posted by かおる at 14:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。