2009年12月14日

ルロワスタイル



今まで偉大なルロワのワインを飲んできました。家のセラ−には,1936年のシャンぺルタン以降の偉大な年のワインは、ほとんどあり試飲も数多くしてきました。最高の保管状態で保管してきました。その思い出について、少し書きましよう。1949年のミュウジニ−については、この間記載したので今日は、別のことを書きましょう。1940年代の当たり年といえば、45*47*49です。この3つの中で、保管状態よければ最高なのは、45年です。そのつぎが49年で47年があとになります。しかしなかなかいい状態の45年物は、手に入りません。不思議と試飲する度に、感動するより落胆することのほうがおおい。むしろ、49年の方が感動することの方が多い。この関係は、シュブラル*ブランの47年と49年の関係ににている。一般に47年のシュブラル*ブランがうえといわれるが、実際試飲してみると、49年のほうがいい場合の方が多いのです。ルロワも同様で49年の方がうまいことの方が多い。シャンぺルタンも同様で男性的で力強いスタイルにふさわしいのは、49年のほうです。50年代では、59年がもっとも偉大で53*55年が続きます。個人的には、59年が戦後最高ではないかと思っています。ルロワのシャンペルタンは、最高です。これを上回るのは、一部のワインのみです。60年代では、62*66*69偉大な年だが、このなかでは、69年が感動ものです。69年のシャンぺルタンで何度感動もらったことか。男性的で力強く、レンブラントの絵画のごとくです。70年代では、71*72*76*78*79がいい。78年安定しているが、案外いけるのが72年です。心地よい酸味が印象的です。80年代では、83*85*88です。その中で傑作は85年です。オスピス*ド*ボ−ヌのマジ*シャンペルタンは極上ものです。90年代では、90*93*96*97*98*99でしょうか。最高は、おそらく90年だと思います。ルロワは、長熟スタイルですので、はっきりしたことは、もう少し時間がかかると思います。2000年代では、02*05でしょう。ハズレ年でもそれなりに楽しめるのがルロワのワインスタイルなので、あまり深く考える必要はありませんが、飲むタイミングをはずさないことです。ポイントは極論すれば、果実味*酸*タンニンのバランスにあります。いい状態のうちに飲みましょう。酸化しては意味がありません。
posted by かおる at 19:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。