2009年12月26日

名匠松本弥成氏の思い出



ロイヤルホテルのナチュレガーデンの前身ガーデンを名店にした人こそ松本弥成その人である。今は、他界してこの世にいない。残念なことである。氏のスタイルは伝統的なフレンチのスタイルによりながらも、日本の食材を積極的にとりいれ、今のジャパニーズフレンチの元祖的存在だった。もう15年以上前のことである。フレンチに日本的感性を持ち込もうとしたひとである。そのころはフランスにない日本にしかない食材を使うシェフは、ほとんど皆無だったのではあるまいか。たとえば、わかめという食材をフランス料理の技法で表現しようとしたのは、氏が初めてであるまいか。氏は積極的に和の食材を取り入れフランス料理として具現化*創作化していった。その当時は奇抜だった。天下無敵の個性的フレンチを作り上げた。今では当たり前だが、当時としては最先端のジャパニーズフレンチを創り続けていたのではあるまいか。
posted by かおる at 15:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。