2010年03月08日

グラン メゾン の一考察



グラン メゾンに何を求めるか、それは、人の価値観により異なります。                           しかし、最終的には、現代に遮断された、現代的意義におけるオアシス的存在と個人的には、理解します。                現代に残された最後の無駄の価値の存在する時間 空間といえるかもしれません。                           ここには、日常性持込んでは、いけません。                                            非日常性だから、意義意味があるのです。                                              ここが、ビストロと違うわけで、ここには、神秘的なときめきを感じさせるなにかが、ないと存在意義ありません。                                                                           それは、料理であったり、サ−ビスであったり、雰囲気であったりするとおもいます。                         その総合的評価として、グランメゾンのあるべき姿がありうると考えます
posted by かおる at 21:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。