2012年12月24日

文句なく大阪で最高に美味いお店のひとつ トゥ―ルモンド

文句なく最高に美味い店。10年に一度あらわれるかどうか。神がくれた奇跡を感謝したい。80年代のヴァンサンク90年代のベキャスに匹敵する名店。高山氏の作る料理はいつも私の期待を裏切らない。これがフレンチかと思わせる独創性も魅力のひとつ。冬場に食べたトリュフ入りたまねぎの蒸し焼きキャラメ―ルソースソ―ス。たまねぎの皮つきだか、その皮すら美味いと感じさせるテクニック 今回も大正解 まず素材の吟味がいい。どの素材もそのピ―クの状態を使う。しかもどれも美味い。しかもコレだけ食べて一万円でおつりがくる。大きな岩がキにシャンパンソ―ス。複雑な味わいが一体となって口の中で軽やかに消えてゆく。メロンと冬瓜のムースも驚いた。バスク産サラミに静岡産メロンム―スのしっかりした甘味とあっさりした冬瓜のうまみが渾然一体となってぜっ妙なバランスで、口の中で蕩ける。ラタトュュに毛蟹 なんと繊細な毛蟹のおいしさがしっかりと主張してくるではないか。香草のム―スも邪魔にならないヌシマの鱧のたまねぎ詰めも好印象。愛知県産鰻のソ手―も火の入れ加減も絶妙で付け合せの西洋もいいアクセント。メインのかもは青森県産だが、これがル―アン産もびっくりの味わい。何ともここちいい弾力のある鴨。その鴨のダシで造ったバタ―系ソ―スとの素晴らしいマリア―ジュ。至福の時 時間よ 止まれ。チ―ズも程よく熟成していて良かった。デザ-トの白桃のアイスクリームも自然な旨味*甘味がありなめメラかな咽喉越しとあいまって口の中で蕩けた。文句なく最高の白桃だった。ワインも得にグラスワインはコスパの高いものばかり、集められており、料理を裏切らないものばかりだ。サ-ビスも丁寧で、料理の説明もできる限り専門用語使わず分かりやすい日本語で説明する。これも好印象
posted by かおる at 14:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あなたは、バカ?職業?おなての評価をしたい❗あなたは、きっとオタクでしょうね?
Posted by at 2015年06月04日 13:08
あなたの評価をしたいな〜
Posted by at 2015年06月04日 13:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/309631918
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。